ピアノ クリーニング 料金

ピアノの汚れは宿命です。

 

とくにピアノの象牙の鍵盤はだんだん黄色くなったりします。

 

 

象牙の細かい穴に人の油がしみこんでいくので、黄ばむのは仕方のないことです。
やすりで磨いたりしてはいけません。
また、ピアノの内部にはホコリもたまります。

 

フェルトとワイヤーを打つことにより音がでるわけですが、
フェルトが少しずつ切れてホコリとなるのは仕方がないことなのです。

 

あとは弦のサビ。

 

 

ピアノのクリーニングはこれらの消耗品や位置のずれ、
鍵盤の沈みなどを交換や調整してくれるサービスです。

 

1mm単位でプロが調整してくれます。
料金はMAXで一式で8万円〜12万円が相場です。

 

この場合はペダル磨き、鍵盤磨き、表面の磨き、弦・ピン磨き、蝶番磨きなどほとんど再生に近い内容です。

 

一方、ワイヤー張替えやフェルト交換だけでしたら、
1本5000円くらいでやってくれるサービスもあります。

 

いずれにせよ、日常的にメンテナンスしてきたピアノだったら、
クリーニングにだしても安くなり、
ガンガンに使い倒してメンテナンスしてこなかったピアノのクリーニングは高くつきます。

 

日常的に自分でできるピアノのクリーニングとしては、
塗装面のホコリを毛ばたきで拭くくらいですが、
やわらかい布でもOKです。

 

ユニコンという外装手入れ剤も市販されています。
これはピアノの表面に被膜ができてホコリがつきにくくなるものです。