日本 ピアノブランド

現在では日本のピアノメーカーはヤマハとカワイしかないと思っていました。

 

しかし、ヤマハとカワイ以外にも、かつてピアノブランドがありましたが、
生産を停止して消えていったブランドも多くあります。

 

世界をみると今までピアノプランドは1万2000種類ほどあったそうです。

 

 

ヤマハ、カワイなど年間数百万台を生産するメーカーだけでなく、
ピアノ工房とよばれるくらい小さい町工場のブランドもありました。

 

現在ピアノの生産台数がもっとも多いのは中国です。

 

200種類以上のメーカーがありますが、
最大のプランドは、パールリバーです。

 

日本の私たちからみると驚くほど安い価格のピアノもありますが、
一般的な中国の人たちにとってはとても高価がものですが、
それでも売れているようです。

 

最近では、工場の品質も安定してきているようです。

 

一時、ヤマハやカワイなども日本の工場を海外に移転してきている流れでがありましたが、
技術を継承などの面で、日本国内に工場を戻し始めているそうです。

 

日本人が作った繊細なピアノをこれからも、継承してほしいです。

 

明治30年代のヤマハのピアノをみてみるとわかるのですが、
圧倒的な存在感があります。

 

 

材料のひとつひとつに職人魂がこもったMADE IN JAPANのピアノ。復活してほしいです。