ピアノ 錆

20年もたつと、ピアノのいろいろなパーツが傷んできます。
必要ならば、調律師さんに交換や調整をしてもらうのがベストです。

 

そんな中でピアノの錆は、ピアノの宿命でもあります。

 

中でもメッキでコーティングされているピアノは錆との付き合いをしなければなりません、、
錆はある程度、落とすことができますが、
錆ないようにするには湿気が少ない部屋に置くことです

 

。除湿機を置くのもひとつの方法です。

 

また、ピアノのワイヤーの弦も鋼鉄でできています。
しかし、錆自体は音源にはさほど神経質になる問題でもありません。

 

むしろ、洋服につくような虫が、ハンマーのフェルトについて、
、食べてしまい、フェルトがぼろぼろに。。ということになると音にも影響がでてきてしまいます。

 

末永くかわいいピアノと付き合うには調律師さんに相談して診断してもらいましょう。